灯油ストーブが「トントントン」という音で動かない時はメーター側のコックを疑うこと

cock
(出展:どうや)

冬の札幌で灯油ストーブが壊れて使えないというサバイバルを体験中でしたが、本日見事に復旧しました。

管理会社の不手際を晒す事で私自身のささやかなストレス解消とします。
それと、今後のサバイバルのための教訓としても。

ギリギリセーフ

tomorrow-snow
(出展:Yahoo天気)
天気予報では明日から雪です。

week-forecast
というか、三日間連続で雪のようです。

teknos-stove
(出展:壱番館)
中古屋で電気ストーブは買いましたが、雪と戦うには貧弱すぎる装備です。
コストパフォーマンスも悪いです。

burning-stove
(分かりにくいですが、ストーブ燃焼中、の図)
灯油ストーブが復旧したことで、なんとか寒さを乗り切れそうです。

「メータ側のコックが閉まってましたよ」

灯油メータの交換業者さんが教えてくれたのは、
「メータ側のコックが閉まってましたよ」
という事でした。

現在入居中の物件では水道メータやガスメータと同様、灯油メータが入っている扉も、管理会社がカギを閉めてしまっています。

水道業者さんやガス業者さんが来た時にも、管理会社との連絡がうまくいっておらず、カギを取りに行ったり戻って来たりを業者さんが繰り返していました。

キーボックスを設置して暗証番号を伝えておくなり、もっと効率のいい仕事のやり方があるはずですが。

前回、灯油ストーブを点検しに来てくれた管理会社の人は
「灯油メータが問題だろう」
という事を言っていました。

メータ交換を待つことにしましたが、交換まで丸一か月掛かりました。
しかし、コックを開けるだけであれば、メータ交換を待つ必要はありませんでした。

今後同様の事があれば、コック開閉を確認する

コック実物を見させてもらったり、操作させてもらったわけではないので、ハッタリが必要になりますが、
「コックが開いているかどうか、確認しましたか?」
(または「確認させてもらいませんか?」)

と管理会社や業者さんに強く言わなければいけない事に気付かせてもらいました。

今回のように、やる気のない管理会社が担当になってしまった場合を見越して、
所有者である自分の連絡先も入居者さんに伝えておく事の重要性を再認識しました。

「コック」については灯油屋さんのブログを参考にさせてもらいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする