契約関係

お金を増やす方法

築40年の田舎町の中古戸建が購入時よりも高く売れた話

■売却概要 2009年9月に購入した中古戸建を2019年3月に売却した。購入額よりも40%高く売れた。賃貸していた期間は合計7〜8年。家賃も含めると購入額の3倍程のキャッシュを生み出してくれた。ただし、諸費用を差し引くと約2倍に落ちる...
不動産経営

IT重説で不動産会社の二極化が進む

「IT重説」(ITを活用した重要事項説明に係る社会実験)が2015年から始まった。 この記事では、IT重説が不動産業界にもたらす変化について妄想してみる。
不動産経営

賃貸契約書の受け取りおよび鍵の引渡し

仲介業者さんが物件を訪ねてきてくれた。賃貸契約書に貸主(私)の印鑑を押す必要があったからだ。 既に入居者さんの分は捺印済み。 貸主欄に私が記名捺印し、正式に入居契約完了となった。
不動産経営

「契約書」と「重要事項説明書」は何が違うの?

不動産を購入する際に受け取る書類には、「契約書」と「重要事項説明書」の2種類があります。 ※「一般媒介契約書」は省略される場合あり。 ※出展:全日本不動産協会 私の場合、買付が通るとリフォームのことで頭がいっぱいになってしまう傾向があ...
不動産経営

(借主)「敷金返せ!ゴルァ」 VS (貸主)「原状回復費払え!コラァ」 敷金を巡る永遠の戦い

賃貸住宅を借りていて、 「大家さんが敷金を返してくれない!」 「敷金が返ってこないどころか、原状回復の費用まで請求された!!」 こんな経験をしたことはないですか? この記事では、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を...
不動産経営

更新料を受け取っていると裁判所から返還命令を受けるかも

部屋を借りている人にとっては悩みの種の「更新料」。 部屋を貸している人にとっては「臨時収入」や「ボーナス」みたいなものでしょうか。 2年毎に家賃1か月分ものお金を請求され、納得がいかない入居者さんも多いのではないでしょうか。 私は家を...
不動産経営

定期借家契約から普通借家へ切り替えた場合の入居者さんのデメリットは?

※出展:The San Francisco Appeal 管理会社さんから次のような電話がありました。 「更新の時期なんですが、定期借家契約から、普通借家契約に変更してもいいですか?」
不動産経営

さらば空室 in サイタマ

(出展:ニコニコ静画) 申込みをいただいた物件の契約と荷物撤去のため、サイタマ県を訪問しています。
不動産経営

「ヌキ」をする時は慎重に

「ヌキ」イメージ(出展:押忍番) 「ヌキ」とは、不動産屋さんを介さずに、入居者さんから直接申込みをいただく募集方法です。 参考)「大家さんと直接交渉はできないか?」マイナビニュース ※要広告スキップ この方法では、 入居者さんにとって...
仲介業者

(しくじった)管理会社には早めの連絡を

油断して失敗したので、自戒を込めて記録。
タイトルとURLをコピーしました