仕事部屋を探し始めた

仕事で異動になりました。

異動前は朝9時に出勤すれば良かったのですが、異動後は朝7時に出勤しなければいけなくなりました。
さらに、4日に一度だった出勤日が、月曜~金曜に爆増。

いや、月~金勤務は普通だろ、という突っ込みが聞こえますが、異動前の現場は体に優しい環境だったということに今更ながら気づきました。

体力的にきついので、異動先の近くに寝るためだけの部屋を探し始めました。

転職は何度も経験していますが、異動は初めての経験です。
転職よりは肉体・精神的にラクだろうと考えていましたが、思っていたよりは試練でした。

試練その一。
知らない人たちに囲まれるという緊張感。

試練その二。
暗黙知を理解するまでに時間が掛かる。そのためのストレス。
※暗黙知とは、形式化されていない職場でのルールのようなもの。

試練その三。
新しい仕事を覚えなければいけない。

異動前の現場にも不満点はあったので、異動話が出た時に「渡りに舟!」とばかりに飛びついたのですが、どこに行っても不満の種は尽きないものですね。