土地・更地

電波塔を手に入れたらどうするか

docomoの電波塔が売りに出たというニュースを見た。 ドコモが基地局鉄塔6000本を1000億円で売却 頭の体操として、仮に自分がこの電波塔を手に入れたら何に使えるかを考えてみた。 1. 羽根なし風力発電 ...
生活

電気ケトルのフィルター交換を依頼したら対応が素敵だった

6〜7年くらい使っている電気ケトルのフィルター部の汚れが取れなくなってきた。 使い古したフィルター 漂白剤につけたり、スポンジでゴシゴシ洗ったりしても、カビのような汚れが取れなくなってきた。そこで、ドリテック社のウェブサイトか...
サッカー

noteからブログに戻ってきた

忙しい日曜日 昨日(2022/05/29)は、サッカーの欧州チャンピオンリーグ決勝(以下CL)、TOEICの受験で忙しい1日でした。帰宅してからはブログのカスタマイズにも着手。noteというブログサービスで日記を書いていましたが、エ...
サッカー

noteサッカー勉強会感想:サッカー界は「詰んでる」

noteのサッカーセミナーを見ました。感想としては、 「日本に限らず、サッカー界は詰んでいるのでは?」 という印象を持ちました。 何が「詰み」なのかと言うと、 お金や時間に余裕がある人しかサッカーを見られない(放送...
気候変動

【日独比較】6)その他の違い

これまで日本とドイツのさまざまな違いを挙げてきましたが、他にも下記のような違いがあります。・省エネ政策・地方分権・外交・教育・政権 ■省エネ政策 日本では個人住宅に関して断熱化の義務はありませんが、2025年には義務化される予...
気候変動

【日独比較】5)政策の違い

日本の電力政策は「安定性」を重視する傾向が続いています。その割には停電時間は日本の方が長いですが(参照:前項)。ドイツの電力政策は再エネ導入を増やす方向で進んでいますが、その方向性にはEU指令が大きく影響しています。 ■日本の電力政...
気候変動

【日独比較】4)電力市場の違い

日本の電力市場では、需給調整に誰が責任を持つのかあいまいな状態が続いています。ドイツの電力市場では、BRPという電力卸会社が需給調整に責任を持ちます。また、ドイツでは再エネが他の電源よりも優先的に落札され(メリットオーダー)、再エネは送電...
気候変動

【日独比較】3)送電線の違い

日本とドイツでは送電線(連系線)の容量に関して大きな差はありません。しかし、制度や運用技術には大きな違いがあります。 ■連系線とは 地域間を結ぶ送電設備(以降「送電線」と呼ぶ)のことを「連系線」と言います。例えば、北部では電力...
気候変動

【日独比較】2)再生可能エネルギー導入時期の違い

■日本で再生可能エネルギーの導入が始まった時期 出典:経済産業省 日本では、2012年にFIT(固定価格買取制度)が始まりました。FIT導入後は、日本国内の再生可能エネルギー設備容量は年20%~30%成長しています。※FIT導...
気候変動

【日独比較】1)日本とドイツの気候変動対策の違い

日本は環境NGOから「化石賞」を贈られるなど、不名誉な扱いをされることがあります。 かたや、ドイツは「環境先進国」などと持ち上げられたりしています。気候変動対策で最も重要視されているものが、二酸化炭素(CO2)の排出量です。日本とド...
タイトルとURLをコピーしました