売買契約の流れ

本日、札幌の中古戸建の売買契約を行いました。
11時に不動産屋さんを訪問して、12時過ぎには終了しました。
所要時間は1時間と少々でした。

契約の流れを備忘録として残しておきます。

売買契約の概要

手付金の支払い

売買代金の約20%を手付金として支払います。10万円単位でキリのいい額でも構いません。

違約金について

売買契約から引き渡しまでの間にキャンセルしてしまった場合、違約金が発生します。違約金は売買代金の20%です。

書類

売主・買主双方の署名捺印をした

  • 重要事項説明書
  • 契約書
  • 一般媒介契約書

を一部ずつ受け取ります。「一般媒介契約書」は省略される事もあります。

収入印紙

収入印紙を売主と買主で折半します。印紙自体は、事前に仲介不動産業者さんが購入してくれています。印紙相当額を不動産屋さんに渡し、領収書を受け取ります。

今後

      1)売買契約
      2)引き渡し
      3)リフォーム&入居者募集
      4)入居契約

今日おこなったのが、1)の「売買契約」です。
空室期間を短くするためにも、物件引き渡しと同時にリフォーム業者さんに見積もりに来てもらったり、リフォームと同時並行で不動産屋さんに募集を依頼する必要があります。

別の貸家

この日は、別の貸家の管理会社さんとも連絡を取りました。排水関係で大規模な工事が必要になるかもしれません。

この貸家はメンテナンスの頻度が多い方です。今の入居者さんが退去されたら、売却も検討するつもりです。

横浜不動産勉強会(横浜インベスターズ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする