2021年2月の振り返り

不動産業界の繁忙期は年度末と言われています。
私も当然のように繁忙期の嵐に飲み込まれ、あっという間に2月は過ぎ去って行きました。

◼️「空室埋まる」の吉報

2月の初頭、空室になっていた所有物件に申し込みが入りました。

しかし、仲介の不動産屋さんは、私に何の事前相談もなく約1割の家賃値下げを実施(オイ)。さらに、相場より高めの10%の管理費まで要求されました。

以前仲介してくれた際には、管理費なしでいろいろ動いてくれたので、義理を感じているのも事実です。しぶしぶながら、管理費を8%まで下げてもらい合意しました。

「空室埋まってひと安心。」
などとのんきにかまえていたら、後日その不動産屋さんから驚愕の報告が来ました。

◼️悪夢の水道管破損

不動産屋さんが物件の最終確認を行っていた際に、水道管の漏水が発生したようです。秋口に水抜きはしておいたのですが、途中の配管に水が残っていて凍結・破損したのかもしれません。

不動産屋さんも、
「どうしましょう?」「水道屋さんどこか知りませんか?」
とかなりテンパってしまっているご様子。

こうなってしまったら、不動産屋さんに任せきりというわけにもいきません。
休日をフルに使って、現地滞在することにしました。

◼️業者さんが見つからない

とりあえず、新幹線と宿の予約をしました。
続いて、業者さんを探さなければいけません。

タウンページで業者さんをいくつか見つけて電話しましたが、
「ちょっと今忙しいので仕事受けられません」
「うちではちょっと難しい内容ですね」

「(物件の住所を伝えたら)あー、あのあたり!田舎ですね(ほっとけ!)」
とか、なんだかんだ言われて、引き受けてくれる業者さんが見つかりません。

気を取り直して、自治体の「管工事協同組合」というページに載っていた業者さんに相談してみました。すると、遠方にも関わらず対応してくださるとの返答をいただきました。

現地到着後、見積もりを依頼していた水道工事業者さんと現場確認を実施しました。
また、玄関の郵便受けの修理のため、エクステリアの業者さんにも見積もりをしてもらいました。

◼️腰を痛める中年

へろへろになり、自宅に帰ってました。翌日の仕事中、寒さと疲労の影響か、腰を痛めてしまいました。数年前にヘルニアをわずらったことがあり、その時ほどの激痛ではありませんでしたが、念のため整形外科へ行くことにしました。お医者さんによると、腰の椎間板あたりが炎症を起こしているとのことでした。

◼️繰り返される退去

水漏れの件と前後して、別の所有物件でも退去がありました。

なるべく早めに原状回復費を算出して、敷金の返却をしなければいけません。
腰の痛みに耐えながら、現地でリフォーム屋さんとの打ち合わせを実施しました。
6年くらい住んで下さった後なので、流石に直すところが目白押しです。
お金も時間もいくらあっても足りないわー。

そんな感じで2月は終わりを告げました。
5月くらいには入居してもらえるよう、引き続きがんばりたいと思います。