【第6章:売却】

売却
※出展:stepanwilson

私はまだ物件の売却経験はありませんので、「売却」についてはお伝えできる事はありません。
その経験を積む事ができたら、情報を更新したいと思います。

投資資金を回収できた物件に関しては、売却対象として考えていくつもりです。
物件が古くなればなるほど、年間の維持費も多く掛かるようになってきます。
支出と収入のバランスを考え、「割に合わないな」と思えるようになって来たら、売却して次の物件の購入資金の一部として使うのが望ましいと思います。

または、その物件の立地等が気に入っていれば、自分が住んでしまうのも一つの手です。


「【第5章】3) その他事例」へ貸家業トップへ【参考文献】へ