DIY庭掃除で四万円の得

庭の草がじわじわと伸びてきたので、草取りを実施しました。

45リットルのゴミ袋が8つも出てしまいました。
crapbag
※画面外にもう一つあり。

庭掃除の費用の相場は?

真夏の炎天下での庭掃除は命がけの仕事です。
スズメバチに刺されたり、ムカデなどにかまれたりする危険もあります。

危険や疲労を避けるためは、庭仕事を業者に依頼するのも一つの手です。
その場合の費用は、一日15,000円程度です。

参考


庭掃除道具を調達

この物件では、既にリフォーム費用として50万円くらい使ってしまっています。
自分でできることは自分でやって、多少なりとも経費節減を図りたいところです。

庭掃除に3日間掛かったとすれば、
15,000円×3日=45,000円です。
業者に依頼せずに自分で行えば、材料費を差し引いても四万円はお得です。

というわけで、ホームセンターおよび100円ショップで道具を買い込んできました。

garden-tools
左から、

  • 刈り込みバサミ:約1,000円
  • ゴミ袋:約300円
  • 折りたたみノコギリ:約1,000円
  • スコップ:約100円
  • 鎌:約100円
  • 虫よけスプレー:約500円

合計:約3,000円

庭木の刈り込みと玄関前の草取りで約3時間

最初のうちは、

  • ハチの巣があったらどうしよう
  • 巨大なハチに襲われたらどうしよう

と、ビクビクしながらやっていました。
しかし、慣れというものは恐ろしいものです。
危険がないと分かると、木の枝をバサバサ切るのが爽快になってきました。
太すぎてハサミで切れない枝は後日ノコギリで切断することにして、細い枝だけを剪定しました。

以下、作業前と作業後の写真です。

(玄関左・作業前)
entrance-left_before

(玄関左・作業後)
entrance-left_after

(玄関左・防草シート設置後)

(玄関右・作業前)
entrance-right_before

(玄関右・作業後)
entrance-right_after

(庭木・作業前)
tree_before

(庭木・作業後)
tree_after

まとめ

前回内見してくれたお客さんは別の物件に流れてしまいました。
駐車場を借りなければいけない件が、やはりネックになっているようです。

もしかしたら、この雑草伸び放題の庭も、内見者さんの心証を悪くした一因かもしれません。

雑草が伸びている家というものは、見ていて気分がいいものではありません。
家に住んでいる本人にとってはこれが当たり前になってしまい、慣れてしまうと見た目の悪さに意外と気が付かないものです。

庭の見た目も多少スッキリしたので、成約率の上昇に結びつけば何よりです。

本当は、家の裏庭も草刈りを実施するつもりでしたが、完全に時間が足りませんでした。植物の生命力をナメ切っていました。
庭掃除には意外と時間が掛かるということです。
GW明けにでも、二回に分けて実施した方がよさそうです。

玄関のアプローチ部分に謎の植物が植えてあって、掘っても掘っても球根が次々と出現してきて気が狂いそうになりました。
たぶんエシャロットだと思います。

eshalotte
※出展:Wikipedia

前の入居者さんか前の持ち主さんが食用に栽培していたのでしょう。
私はエシャロットは好きではないので、根絶やしにしてやりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする