【売上シミュレーション結果】コインランドリーで儲けるには努力が必要

コインランドリー経営は実際に儲かっているのだろうか?
近所のコインランドリーの稼働状況を参考にシミュレーションしてみた。

調査方法

業務用洗濯機を輸入販売しているダイワコーポレーションによれば、コインランドリーでは午前10時~13時の3時間で、1日の売上の半分が発生するとのことだ。

-(参考)「コインランドリー事業説明会(ダイワコーポレーション)」レポート

これが正しいとすれば、
(午前10時~11時の売上) × 3時間 × 2倍 = 1日の売上
という数式が成り立つはずだ。
(ざっくり感は否めないが)

この1日の売上を30倍すれば、月の売上も予測できるはずだ。
(ざっくり感は否めないが)

調査開始

というわけで調査開始。
近所のコインランドリーを30分間隔を空けて訪問した。
洗濯機の利用状況から売上を予測する。

10時30分

laundry-1100

乾燥機:8台中1台使用済。
洗濯機:6台中3台使用済。

この時間帯(30分間)の予想売上、乾燥機300円×1+洗濯機200円×3=900円

11時00分

laundry-1030

店を外からのぞくと、30分前に入った時と同様、店内を掃除をしている人がいた。オーナーさんだろうか。
洗濯もしないのにウロウロしている怪しいやつと思われそうだが、意を決して話しかけてみる。

(私)「オーナーさんですか?いつもキレイにしていただいてありがとうございます。」

(オーナーっぽい人)「いいえ。従業員です。こちらこそありがとうございます。」

オーナーさんではなかった。オーナーさんだったら、コインランドリー経営してみてどうか訊いてみたかったが…。
気を取り直して、話を続ける。

(私)「ここはいつも流行っていますね。掃除も大変でしょう?」

(従業員さん)「そうですね。最近近所のコインランドリーが1軒閉店したので、お客さんが流れてきているみたいです。」

なるほど。やはり商売の世界は弱肉強食。店を開いたからといって、それだけでうまくいくわけがない。

従業員さんとの話を終えた後、改めて店内の様子を調査。

乾燥機:8台中3台使用済。
洗濯機:6台中0台使用済。

この時間帯(30分間)の予想売上、乾燥機300円×3=900円

売上の予測

1時間あたりの予想売上:1,800円

10時~11時の予想売上は、30分あたり900円×2で1800円

10時~13時の予想売上:5,400円

10時~11時の予想売上×3時間=5,400円

1日の予想売上:10,800円

10時~13時の売上が1日の売上の半分との説に基づき、1日の予想売上は5,400円×2=10,800円

1ヶ月の予想売上:約30万円

1日の予想売上10,800円×30日=約30万円

家賃等のコストについて

賃貸物件ポータル「アットホーム」で、調査対象のコインランドリーと似たような立地・面積の貸店舗を検索した。
月額賃料の平均は約12万円だった。
※横浜市内、駅徒歩20分以内、店舗面積10坪程度。

その他コストは、光熱費が約10万円、洗濯機等のリース代が約13万円とする。
※出典:「コインランドリー事業説明会(ダイワコーポレーション)」レポート

まとめると以下のようになる。

売上(月商) 30万円
家賃 12万円
人件費 3万円
光熱費 10万円
リース代 12万円

※人件費は、時給1,000円×1.5時間×20日とした。

利益-7万

ありゃ?大赤字だと!

まとめ:コインランドリーで儲けるにはかなりの努力が必要

あくまでもざっくりとしたシミュレーションなので、実態は分からない。
とはいえ、コインランドリーは簡単に儲かる商売ではないということは分かった。

調査の日は雨だったため、通常よりも売上が多かったかもしれない。
にもかかわらず赤字というシミュレーション結果が出た。

コインランドリー経営で黒字を出すためには、洗濯機をリースではなく初期一括買取にしたり、オーナー自らが店内掃除をして人件費を節約したり、集客をがんばったり、などといった経営努力が必要ということだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ

フォローする