自治会参加のお誘いが来た(年3000円)

astra

「ad astra per aspera」とは、ラテン語で「困難に打ち克って、大業を成し遂げる」という意味です。

物件に住み込みながらリフォームや掃除を実施中ですが、自治会長さんから「自治会に入りませんか?」というお誘いを受けました。

自治会長さん来訪

本日は窓そうじや、玄関の修復をおこなっていました。
すると、正午頃にインターホンが鳴りました。

「自治会についてお話があるのですが」
とのことです。

玄関を出てお話しを伺うと、
「この地区の住人で作っている自治体の会長をしている者です。4月から新しい年度も始まりますので、ぜひ加入していただければと思うのですが・・・。」
というお話でした。

自治会でやること

私はこれまでアパートやマンションにしか住んだことが無く(実家は除く)、自治会には一度も入ったことがありませんでした。
役所で転入手続きをした後にもらう資料に、「自治会のお知らせ」という書類が入っていた記憶はありますが、完全に無視していました。

これも人生経験と思い、自治会に加入してみることにしました。年会費は3000円だそうです。

会長さんのお話では、自治会でやることは、
・総会(話し合い)
・イベント(節分とか?)
・ゴミ捨て場の掃除
などのようです。

(私)「貸家の入居者さんが見つかるまでの間なので、いつまでここにいられるかわからないのですが、その後は入居者さんに引き継ぎます。」
という話をしておきました。

一戸建ての場合、入居者さんが自治会という近所付き合いから逃れるのはなかなか難しそうです。直々に出向いてくれた人を前にしてそれでも加入を断るというのは、精神的にかなり強い人か、筋金入りの個人主義者でなければできないでしょう。

マンションの場合も管理組合がありますが、こちらは所有者が加入してくれるので、入居者さんは無関係でいられます。

まとめ

貸家の入居者さんが自治会に入ってくれれば、孤独死や事故の可能性は減るでしょう。自治会を「面倒なだけ」と切り捨てるのは早計かもしれません。

自治会がどんなものなのか、まずは経験してみようと思います。後になって「めんどくさ!」と大後悔しているかもしれませんが。

しかし真っ昼間から家にいると、いろんな訪問者に対応する必要があります。初日には排水管の業者が訪問調査と称して売り込みに来ましたし。次はNHKさんが来るかもしれません。

記事内容には全く関係ないのですが、u-moobileの通信規制に引っ掛かってしまい、PCでインターネットが使いものにならないほどの遅さになってしまいました。
「LTE使い放題」というプランに入っていて、インターネットラジオやpodcastで通信しすぎたのが原因のようです。
「使い放題のくせに速度制限するとは何事か!」と思いますが、安いから仕方ないですね。
(月2480円。三日間の通信料が2GBを越えると制限される)

今は、携帯にBluetoothキーボードを繋いで記事を書いています。非常に書きにくいです。
明日には速度規制が解除されていることを祈ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする