照明を交換するのを忘れていた

iris
ついこないだ入居者さんが入られた埼玉の物件ですが、一室の天井灯(シーリングライト)が故障しているのを忘れていました(非道)。

大小2つの円形状の電球が付いているタイプで、外側の大きい方の電球が、新品に替えても点灯しない状態です。
小さい方の環球だけなら使えるのですが、
「これでガマンしてよ」
と言うのもひどい話です。
交換しようとは思っていましたが、荷物搬出のゴタゴタで完全に失念していました。

私は遠方のため現地に交換に行くわけにもいきません。
現地の電気工事業者さんに電話して作業費のめどを聞いてみました。

照明は私が用意(入居者さん宛に送付)。
新品の取り付けと、故商品の処分をお願いしたとすると、
「5000円くらい」
との事。

『段取りが付いたらまた連絡します』
と電話を切り、管理会社さんにメールで連絡。
入居者さんはまだ引っ越してすぐなので、逆に迷惑になるかもしれません。
交換時期については管理会社さんの意見も聞いてみようと思います。

そういえば、この照明のメーカーのコールセンターに故障について電話した時、
『そちらで購入した電球の調子が悪いのですが・・・。』
と切り出したら、
「うちは電球なんて扱ってませんよ!(-。-)y-゜゜゜」
と、邪険に返された事を思い出しました。

『電球じゃなくて、シーリングライトでした。型番は〇〇××で・・・。』
と続けたら、
「そうでしたか!失礼しました!<(_ _)>」
と手のひら返しの対応。

「修理するには郵送が必要で、往復の郵送代だけで数千円になってしまいます。
それだったら、新しい照明を購入された方がよろしいのでは・・。」
という話になったのですが、ほったらかしにしていました。

その時にさっさと交換していれば5000円(作業費)の節約になったわけですが、もはや後の祭り。

「今日できる事は今日やる」
ごもっともです。

横浜不動産勉強会(横浜インベスターズ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする