【第1章】4) 調査項目

実際に内見するとして、どこを見るべきでしょうか。

正直に申し上げると、どれだけ入念にチェックをしたとしても、何かしらの不具合や修繕の必要性は必ず出てきます。
まして、初めての中古住宅購入で一円も修繕費が掛からない、という事は絶対にありえません。

私の場合で言うと
「最悪借り手が付かなかったとしても、自分が住めばいいや」
という気持ちで探しています。

そう考えれば自ずと、周辺のスーパーやコンビニ等の立地状況、通勤の利便性、設備の老朽化具合に目が行くようになります。
自分が住んでもいいと思える立地か、いくらまでなら家賃を出してもいいか。
入居者さんの視点で物件を見る事が何より重要です。

※この章はWeb版では公開しておりません。製品版をご覧ください。


「3) 中古戸建物件の探し方」へ貸家業トップへ「5) 実例」へ