退去時の立ち合いをおろそかにするとこうなる – 【続・空室対策】(2日目)

20141022_1
(下地処理に使う「穴うめ材」)

入居者さんの退去が決まった時、
「自分が現地に行かなくても次の入居者さんが決まるかどうか、実験してみるべ。」
と思ってしまいました。

もしうまく行けば、完全なリモート経営です。
世界中どこにいても、空室が出ても、怖くありません。

もちろん、世の中そんなに甘くありません。

退去時に立ち会っておけば良かった事の一覧

  1. 除草の手間軽減
  2. 原状回復リフォームの徹底
  3. 夏の引っ越し需要への対応

1. 除草の手間軽減

前回九月に来た時に、溜まったツケの清算を行うがごとく除草を行いましたが、結構疲れました。
ハチの巣退治も神経遣いました。

本格的な夏が来る前に庭に防草シートを敷く事ができていれば、除草の手間はかなり軽減できたのではないかと思います。

また、退去時に既に草ぼうぼうだった場合、入居者さんに文句の一つも言う事が出来ます。
(規約に「庭の草取りをお願いします。退去時に除草が必要な場合は実費請求します。」という記載をしているため。)

2. 原状回復リフォームの徹底

退去時に立ち会う事ができていれば、画びょうとかクギの小さい穴の補修についても、原状回復費用として請求できました。

実際は、管理会社さんに原状回復工事の見積もりを依頼して、工事の完了確認も任せてしまいました。

写真を送ってはもらいましたが、細かい画びょうの穴なんて見落とし放題です。

ペンキを塗るために下地処理を行っている最中ですが、
「これで原状回復などとよく言えたものだ」
というレベルのリフォーム状態です。

退去時はもちろんですが、リフォーム工事の完了時にも立ち会うべきでした。

3.夏の引っ越し需要への対応

夏前にリフォーム完了できていれば、夏の引っ越し需要に期待できた、という点も見落とせません。
何事も、適当な仕事をしていると自分に返ってくるという事です。

以下、本日の作業記録です。

東京電力からモーニングコール

寒くて寝袋から出られませんでした。
二日目から早くも寝坊です。

六時くらいには起きるつもりで午後十一時には寝たのですが、寒くて四~五度寝してしまいました。
昨日ストロングチューハイを飲んだせいかもしれません。

今日は、アンペア数変更のために電気屋さんに来ていただく予定でした。
九時くらいに電話が鳴りました。

「あと五分くらいで伺います。」
との事です。

マズイ。
寝癖を直さなければ。

電気屋さんが来てくれなければ、昼まで寝ていたかもしれません。

ホームセンターへ買い出し

アンペア変更完了後、下地処理部品およびTVアンテナ部品を購入しにホームセンターに行きます。
朝が意外と寒かったので、電器ストーブと毛布も買う予定です。

しかし、本日は雨。
両手を自由に使えない状態で重い荷物を持って帰ってくるのは気が重いです。
明日の朝も寒い思いをするよりはマシだろ、と自分に言い聞かせます。

途中の「すき家」で朝食。
お客さんは私一人だけです。
つぶれないで欲しい。

下地処理

養生の前に、下地処理です。
画びょう等の細かい穴を埋めていきます。

洗面台や、中途半端な壁紙や、水道の蛇口も撤去して、塗りやすいように準備します。

TVアンテナのチェック

アンテナ部品をむき出しの同軸ケーブルにセットして、PCのTVチューナーに接続してみます。

・・・おかしい。
受信レベルゼロです。

1階のアンテナケーブルに接続してみると受信状態良好です。
どうやら、むき出しの同軸ケーブルの部屋はもともと映らないのかもしれません。

明日、明るくなってから建物外のケーブル接続状況を確認してみます。

明日のToDo

  • 玄関・廊下・階段の養生
  • テレビアンテナの接続状況を確認

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする