都市計画法

不動産経営

「旧既存宅地」の二つの大きなデメリット

「旧既存宅地」と記載されている物件チラシを目にした。
土地区画整理法

標識いろいろ:建築基準法による確認済証等

宅建の勉強をしていると、色々な標識や証明書が出てきます。 具体的なイメージをつかむために、実際に町に掲示されていた標識等を一覧にして掲載します。 ※個別特定情報は隠してあります。
不動産経営

都市計画図が面白い3つの理由

皆さん、地図は好きですか? 私は地図が大好物です。 自分の住んでいる町や外国の地図を部屋の壁に貼って、 「あー、ここ行ったなー。」 「次はあそこ行こう。」 などと妄想しながら地図を眺めるのが楽しくて仕方がありません。 不動産投資の判...
宅建

「文教地区」とか「景観地区」とかって何のこと?

以前、「用途地域と用途制限」という記事で12種類の用途地域について触れましたが、「特別街区」のように異なる基準が適用される地域もいくつかあります。この記事では、用途地域以外の地域地区について説明します。
宅建

高層ビルが容積率に引っ掛からないのは敷地に充分な空地を確保しているから

物件情報を見ていると、「容積率」「建ぺい率」という項目が出てくる。 ※出展:健美家 「建ぺい率」は、敷地面積に対して建築可能な床面積。 「容積率」は、敷地面積に対して建築可能な合計床面積(※)のことだ。 ※合計床面積=「延床面積」(のべ...
宅建

マンションの上の方が斜めに切り取られているのはなぜ?斜線制限とは

す 街を歩いていると、上の方が斜めに切り取られたような形をしているマンションを見かけます。 子どもの頃は「こういうデザインなのか?変わった趣味の人がいるもんだ。」くらいに考えていましたが、大人になってから「日照権」という言葉を知り、マンシ...
タイトルとURLをコピーしました