空室を埋めるのに1年以上掛かったダメ大家の言い訳を聞いてくれるやつはもういない

空室物件の入居者が決まった。
空室期間は1年2ヶ月だった。

なんでこんなに(期間)掛かったの

・物件の退去と、自分の引越し・転職・入籍準備が重なった。
・資格試験が続いた(4ヶ月連続)。
・せっかくだから耐震補修しようと思って時間だけ掛かってしまった(見積もりが数百万とか言われて憤死)。
・アパート購入を見据えて、融資を受ける練習をした。
・リフォームやりすぎた(約100万円)。
・DIY比率が多かった。

リフォーム内容

・給水管洗浄
・玄関扉交換
・キッチン交換
・キッチン混合栓交換
・給湯器交換
・浴室折戸交換
・浴室クッションフロア貼り替え
・シャワートイレ設置
・廊下、キッチン塗装
・全照明LED化
・センサーライト設置
・TVドアホン設置
・旧エアコン撤去
・畳、障子、襖、網戸の補修
・物干し場の床補修
・庭の除草
上記のうち半分以上はDIYでやった。

気づき

・早く動けば早く決まる。動くのが遅いと決まるのも遅い。
・融資はそんなに怖くない(かも?)
・家賃下げると属性も下がる。

募集を始めてから入居が決まるまでは約3ヶ月だった。築40年の割には早く決まった。
仲介業者さんの言う通り早めに家賃値下げしてよかったかも。ただ、家賃を下げたことによって、属性があまり良くない入居者になってしまった。(自営業・申込書空欄だらけ・対応が遅い)

収益物件として売却予定なので、それほど属性にはこだわらなかった。吉と出るかどうかは売却が終わってみないとわからない。

横浜不動産勉強会(横浜インベスターズ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする