貸主の立場と借主の立場。両方を経験したからこそ分かること

ネズミ撃退器について、家主さんに負担してもらうよう依頼した続きです。

昼休みに、管理会社さんに電話をしました。
(私)『昨日メールをお送りしたものです。ネズミ撃退器の件はどうなりますか?』

(管理会社)「家主さんに伝えてみたのですが・・・。この機器を設置することで他の部屋の天井裏にネズミが移動してしまうと、他の部屋にも機器を設置しなければいけなくなってしまうので、ガマンしていただきたい、とのことです」

(私)(は!!?
ネズミ駆除を業者に依頼したら何十万円かかるか分かりませんよ?
それより、ネズミが電線をかじってショートさせたら、火事になって住人全員焼死するかもしれませんよ?
遺族への賠償金、何億円になると思っているんですか?
しかもそんな事故物件、アパート立て直しても誰も入居してくれませんよ?
土地値も暴落しますよ?
何より、サービス業をしている自覚あるんですか?)

と、言いたいところをぐっとこらえて、

(私)『ネズミ撃退器の説明を読む限りでは、1個で建物全体をカバーできると書いてあるので、他に行くことは無いとは思いますが・・・。
(追記:結局他の部屋の天井裏に逃げていたようです)
安く住まわせていただいているので無理は申しませんが、機器の説明文も後ほど送りますので、再度家主さんにご相談いただけないでしょうか?』
と伝えました。

世の大家さんというものは入居者をナメ切っているんだなぁ、ということを実感しました。

管理会社さんに以下のようなメールを送っておきました。
■■以下文面■■■■■■■■■■
○○様(管理会社さん)
お世話になっております。
本日はご対応ありがとうございました。

まず、私と家主様の双方の要望の板挟みになられる心中のご苦労、お察しいたします。

以下2点、家主様にお伝え願えないでしょうか。
1点目:70坪の床面積に有効なため、他の部屋に被害が広がる可能性は低いと思われます。
商品説明に、
===========
● 住宅・建物の床面積約70坪の範囲で効果があります。1階で1台ご使用になることをお勧めします。
===========
との記載があり、少なくとも天井裏のネズミに関して、私が利用することで他の部屋の方に移動する可能性は低いと思います。

2点目:撃退器の購入は家主様にもメリットがあると思います。
家主様にとって最悪のケースは、ネズミが電気配線をかじるなどして、火事につながってしまうことだと思います。

その次に家主様にとって金銭的負担が大きいのは、建物全体のネズミ駆除を行うことだと思います。
上記に比べれば、1台2000円程度の機器購入は圧倒的に費用対効果が高いと思いますが、いかがでしょうか?

サービスを提供されている側は家主様ですので、多少なりともご負担いただくのが筋だと思いますが、それでも難色を示されるようでしたら半額の1000円でもご検討いただけないでしょうか?

以上、長文になりましたが、よろしくお願いいたします。
■■以上文面■■■■■■■■■■

さて、どんな返信が来るのでしょうか。
何はともあれ、ネズミ撃退器そのものは明日の夜には届きます。

(2013年2月追記)
その後、一ヶ月ほどでネズミは鳴りを潜めるようになりました。
しかし、管理会社からは
(管理会社)「その後、どうですか?家主さんも心配しているようですが・・・」
という留守電とメールだけが入っていました。
撃退器の費用負担については全くのノーコメントです。

もうアホらしくなってきたので、無視して今日に至ります。

横浜不動産勉強会(横浜インベスターズ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする