敷金・礼金ゼロ物件を借りる際はこの3点に注意!長期的には高くつくことも。

initial0
※出展:アライブ

「礼金なし 敷金なし 補償金なし」という物件を借りました。
安いと思ったら、予想外の出費がいくつかあったので、参考程度に記録しておきます。

退去時のクリーニング費:家賃1か月分

house-cleaning
※出展:Living LABO

入居時に敷金を預からない代わりに、退去時にクリーニング費用を請求する方式です。
噂には聞いたことがありました。

部屋をキレイに使う人にとっては、あまりありがたくない制度です。
キレイにしようがしまいが、結局クリーニング費用を取られることに変わりはないわけですから。

敷金方式であれば、退去時に部屋をキレイにしておけば、敷金が多く返ってきます。
しかし、クリーニング費方式では、
「どうせクリーニング費を取られるなら、目いっぱい汚してやれ!」
とまでは行かないにしても、部屋をキレイに使う気にあまりなれないでしょう。

2年未満での退去時の違約金:家賃1か月分

cancelation-fee
※出展:アマモ場

これも話には聞いたことがありました。
今回お世話になった仲介業者さんからは、違約金について説明がなかったのでびっくりしました。

敷金・礼金ゼロ物件というエサの裏には、このようなワナが潜んでいる事が多いようです。

毎年かかる保証会社費用:10,000円/年

recruit-forent-insure
※出展:リクルートフォレントインシュア

保証会社の費用は入居時および更新時に掛かるのだろうと思っていましたが、今回私が利用した「リクルートフォレントインシュア」さんでは、一年ごとに1万円の費用が掛かるようです。

これ以外に、管理登録料として15,000円+消費税、総家賃(管理費・水道代含む)の50%が、契約時に必要となりました。

審査の日程は、以下のような流れでした。
7月1日、申込書を仲介業者さんにFAX。
7月2日、保証会社さんからの電話があり、その場で審査(申込書の内容確認、自営業の内容、今年の収入の見通しについて等)。
7月6日、審査結果が分かりました。

審査結果が出るまでには「2~3日」もしくは「即日」という情報もあります。
教えてgoo「入居審査の必要日数」

が、私の場合は、保証会社さんと仲介業者さんの連絡がスムーズに行かなかったためか、結果が分かるまで約一週間弱掛かりました。

自営業だと審査の上で不利なのかもしれない、と思い結構不安でした。
ダメならダメでさっさと次の物件を探したかったので、メールや電話で仲介業者さんに催促してしまいました。
面倒な客になってしまいましたが、丁寧に対応してくださった仲介業者さんに感謝です。

収入に関しては、確定申告の書類を添付せず、申込書に記入するという自己申告のみでしたが、なぜか普通にOKでした。

連帯保証人・緊急連絡先の欄は親に記入してもらいました。

家賃の口座引き落とし手数料:300円

koza_top
※出展:神戸市

大した額ではありませんが、
「ネットバンキングなら振込手数料無料なのに。。。」
と思ってしまいます。

まとめ

他にも、

  • 更新料が1.25か月分
  • 水道料が月3,000円という過剰請求

など、イラッとする事がありました。

色々文句を書いてきましたが、一刻も早く引っ越したい状況(実家寄生中)なので、またイチから探すのは避けたいところです。
仲介業者さんとの契約の際には、何の文句も言わずにとっとと契約をしてきました。

家には「100%満足」なんて事はあり得ません。

余談ですが、埼玉で最後に住んだマンション(礼金0・敷金1)の契約書を引っ張り出して見比べていたら、費用や条件等それほど変わらないことに気付きました。
これであきらめもついたので、引っ越しの準備を進める事にします。