(しくじった)管理会社には早めの連絡を

apart
油断して失敗したので、自戒を込めて記録。

管理会社さんが必要なワケ

家や部屋を貸す場合、管理会社さんに管理業務をお願いする場合があります。

管理会社の主なお仕事としては、家賃の振り込み状況確認や、入居者さんからのトラブル連絡の窓口など。

管理業務を自分でされる大家さんも多いですが(自主管理)、私の場合、電話にあまり出たくないですし、旅行も好きな時にしたいので、基本的には管理会社さんに間に入ってもらっています。
家賃の5%の管理料は、自由な時間と安心を買っていると思えば安いものです。
(管理料は管理会社により異なります)

募集開始と同時に管理会社さんへ行けいアホンダラ

直近の貸家に関して、購入前に相談した管理会社さん(A社)がいたのですが、
「入居が決まってから連絡すればいいだろ」
くらいに思っていて、入居が決まるまでほったらかしにしていました。

今までの経験で、物件の募集・入居がなんとかなっていたので油断していたようです。

A社とは別の仲介会社さん(J社)だけにしか、営業を掛けていなかったのも失敗要因の一つです。
A社さんに入居者募集をお願いしなかったのは、
「A社よりもJ社の方が、お客さんを探すことに関しては長けている」
という話を他の業者さん(F社)から聞いていたためです。

入居者さんの家賃保証審査が終了した時点で、A社さんに連絡したのは今考えるとアホとしか言いようがないです。
会社だったら上司から
「ドアホウ!」
と怒鳴られているレベルの失態ですね。
いやー、自営業でよかった(?)。

A社の担当者さんからは

「ウチで管理するとなると、保証会社もウチの系列を使わなければいけませんし、審査基準も変わってきます。
なので、今から管理だけお受けするのは厳しいかと・・・。」

というお話。

ええ。
分かってますとも、私がアホでした。
頼むから、明らかにバカにしたような口調はご勘弁下さい。

結果オーライ

こうなると、他の管理会社を探すか、自主管理しかありません。
「当分は管理人業務で24時間365日営業だなぁ」
と諦めていたところに、一筋の光が!

J社さんが管理会社いくつかに当たってくれて、A社と同じまたはそれより良い条件の所を探してくれました!

いやー助かりました。
J社さんの支店を見るたびに感謝の目まいに襲われそうです。

反省点(言い訳ともいう)

不動産以外の仕事にも取り掛かり始めて、四苦八苦していたところでもあり、本業がおろそかになっていたことを反省しています。
「営業や人に会う事が苦手」という私の性格が災いしたとも言えます。

「アホンダラ!」と自分に言い聞かせておきます。
いやー、それにしても助かった(あまり反省してないじゃないか)。

横浜不動産勉強会(横浜インベスターズ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする