「ヌキ」をする時は慎重に

nuki
「ヌキ」イメージ(出展:押忍番)

「ヌキ」とは、不動産屋さんを介さずに、入居者さんから直接申込みをいただく募集方法です。
参考)「大家さんと直接交渉はできないか?」マイナビニュース
※要広告スキップ

この方法では、
入居者さんにとっては仲介手数料が不要になる
というメリットがあるものの、自主管理をしない大家さんにとっては注意が必要です。

「物件のHPを作った」と管理会社さんに伝えたところ・・・

一週間ほど前、入居者さん募集の一助になればと思い、物件のHPを制作しました

管理会社(元付け)さんと、内容や対応方法について確認を取り、
『このHP経由で決まった場合、仲介手数料はどうなりますかね?
と訊いてみました。

すると、
「『仲介手数料無料』、とうたってしまうと、他の客付け業者さんに『仲介手数料を支払う』とオーナーが言っている内容と矛盾してしまうので、大々的に『仲介手数料』とは書かない方がいいです。」
という事を言われました。

欲は「良くない」

私が
仲介手数料はどうなりますかね?
と管理会社さんに訊いた時、あわよくば
「仲介手数料は掛からないですね」
という言質を管理会社さんから引き出そうという「欲」がありました。

もちろん、管理会社さんもその辺はしっかりしていました。
他の業者さんをうまくダシに使いながら、私の横暴をストップしてくれました。

そのあと、他の客付け業者さんにも電話し、
『HPで募集しても問題ないですよね?』
と確認。OKをいただきました。

管理会社さんには素直に、
『HP経由で決まった際には、お客様の代わりに私が仲介手数料を負担する形でどうですか?
お客様へのアピールとして、HP経由で申し込んだら【仲介手数料無料】と記載したいので。』
と伝え、OKをもらいました。

初めから、浦田健さんの本の言う通りにしていれば良かったです。

横浜不動産勉強会(横浜インベスターズ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする